リハビリテーションは、大きく分けると運動療法と物理療法(詳細は物理療法機器の紹介)の2つになります。

運動療法とは身体機能に障害や筋力の低下があり、それによって日常生活に支障がある場合に運動することで回復させたり、維持・予防することを目的とします。具体的には関節可動域訓練や筋力増強訓練、日常生活訓練(起き上がり・起立・歩行)などを行います。その他、スポーツ活動におけるフォームチェックやテーピングの巻き方も指導します。また、ホームエクササイズとして自宅で簡単に行えるストレッチや筋力トレーニングの方法も併せて指導させて頂くことで、症状の早期緩和と再発予防を図ります。

歩行時や運動時などの膝や足の痛みに対しては、必要に応じて普段使用されている靴にインソール(中敷き)を処方するなど、多岐にわたるリハビリテーションを実施しています。

関節可動域訓練

骨折後のギプス固定や臥床、また疼痛により不動であった関節には拘縮が起こります。一度硬くなってしまった関節は放置していても改善はしません。適切な時期よりアプローチをすることで関節の動きを正常に戻します。可動域訓練は理学療法士が徒手的に動かし、拘縮の改善をはかります。

関節可動域訓練

ストレッチ

柔軟性が低下した体は動きを制限し、局所にストレスを加えることになります。それにより筋肉、関節、靭帯などの様々な部位に痛みを引き起こす原因となります。

そこで必要となるのがストレッチ(筋肉を伸ばす運動)です!ストレッチにはいくつかの種類・方法があります。当院ではパートナーストレッチをはじめ、自宅でも行えるセルフストレッチの指導を積極的に行うと同時に、ストレッチの正しい知識や方法も併せて説明しています。

ストレッチの写真

筋力トレーニング

膝や腰など体の一部に疾患を抱えると、今まで行えていた日常生活動作に不自由が生じてしまいます。その結果、体を動かさない時間が多くなり、それにより筋力低下を来たし、さらに生活活動レベルが低下するという悪循環を招いてしまいます。

筋力低下により体の安定性が低下し、歩行や階段昇降、姿勢保持が行いにくくなり、その結果様々な部位に痛みを引き起こす原因となります。

そこで、体の状態にあった筋力トレーニングを行い、筋力の維持・増進を図り、症状の改善、日常生活レベルの向上を目指します。また、スポーツを行っている方に対しては、スポーツ特有の動作など専門的なものも含め、競技に合わせたトレーニングの指導を行っています。

筋力トレーニングの写真

姿勢動作改善

骨折や捻挫などのはっきりとした原因がなく、疲労や使いすぎなどで起きる痛みに関しては、身体の一部分に負担がかかりすぎていることが原因となります。例えば、姿勢(猫背や腰を反った姿勢など)や動作(歩行、ランニングフォーム、投球フォーム)の不良が原因となっていることが多いです。当院では、筋力強化や柔軟性向上、フォームの指導によりこれらの問題となる姿勢や動作を改善し、負担のかからない身体を作っております。そうすることで、再発予防や慢性痛になることを防ぎます。