岡崎にあります「はまな整形外科クリニック」より筋肉や骨の腫瘍の治療についてご案内します。

骨軟部腫瘍

みなさんが言う、身体にできるしこりを医療用語では腫瘍と言い、悪性のものと良性のものがあります。できる場所もさまざまで、皮下、筋肉内、骨、関節などにできます。

院長は岡崎市民病院の前に名古屋にある愛知県がんセンターという病院に勤務していました。そこで骨軟部腫瘍の治療に専念してきた経験から、yjimageZGXTJ3KM整形外科クリニックの役割として、腫瘍が悪性のものか、良性のものか、放置してよいものかを判断の上、精密検査が必要なもの、手術が必要なものは、関連の腫瘍専門病院へ紹介をさせて頂きます。

ですから、良性っぽいので安易に切除・・・というような治療は通常行いません。MRI等でしっかり精密検査を行い、治療方法を選択しなければなりません。

 

この10年間で、骨軟部腫瘍の化学療法(抗がん剤治療)はすさまじい進歩を遂げました。 それにより、昔なら切断を余儀なくされた骨肉腫なども、患肢温存(切断をせず、足を残す)できるようになりました。早期に発見し、むやみに手をつけず、適切な治療に導いてあげることが最も重要です。
mQu-m-99-1[1]

当院では愛知県がんセンター愛知病院をはじめ、各大学病院などと連携し、適切な治療に誘導します。